エンタメ

24時間テレビドラマ!生徒が人生をやり直せる学校のモデルや原作は?

24時間テレビで放送される感動ドラマ「生徒が人生をやり直せる学校」はKing & Princeの平野紫耀が教師役で主演!

8月21日(土)21時ごろ放送予定なのですが、ドラマのタイトルからも想像するに学校ものですよね。

モデルとなった学校は実在するのでしょうか?はたまた、原作があるのでしょうか?

今回は24時間テレビドラマ「生徒が人生をやり直せる学校」の舞台となる学校は実在するモデルがあるのか、原作についてもまとめてみました。

 

 

24時間テレビドラマ!生徒が人生をやり直せる学校のモデル学校は?

 

24時間テレビドラマ「生徒が人生をやり直せる学校」は実話をもとにしたドラマなのですがドラマの中に出てくる「槙尾高校」は架空の高校です。

実話なだけに、個人情報流出の問題出てきてしまいそうなので今のところ実際の高校名は公表されていませんでした。

ただ、関東圏にある高校ではあるようなのであらすじから、いわゆる「底辺高校」であることがわかります。

底辺校と呼ばれていた高校が、「生徒の居場所となる学校」へ変わったとなると業界では有名でしょうからちょっとリサーチしたらわかりそうですが、なんとなく繊細なところなので深堀するのは控えておきたいと思います。

ちなみにドラマに出てくる高校は「再チャレンジスクール」という取り組みを実施。

この取り組みをしている高校は現在都内に5件あります。

今後も新たに同様の取り組みを行う高校を設立予定のようです。

 

24時間テレビドラマ!生徒が人生をやり直せる学校に原作ある?

 

 

ドラマのあらすじ

槙尾高校の新学期初日、新人教師の樹山蒼一(平野紫耀)と岡部薫子(浜辺美波)は、生徒の態度の悪さに衝撃を受ける。だが校長の吉岡(國村隼)たちは生徒たちを笑顔で迎える…「よく来てくれた」と。

教頭の原田(伊藤英明)もバイクを体育館に乗り入れた生徒、木の葉陸也(道枝駿佑)を怒らない。憤懣やるかたない樹山と岡部。

実はそれはもはやこの高校以外に行き場のない、「格差社会」の吹き溜まりである槙尾高校の生徒たちをフォローし助けていくための教師による「武装解除」作戦だった。

樹山と岡部は自分なりに生徒に寄り添おうとするが、親からの虐待、妊娠、子供が家族の世話をするヤングケアラーなど、想像を超える事件が起きる―。

引用:日本テレビ

 

ドラマのあらすじはこのような内容となっていますが、原作がありまして「県立! 再チャレンジ高校 生徒が人生をやり直せる学校 」というタイトルで出版されています。

原作である「県立! 再チャレンジ高校 生徒が人生をやり直せる学校 」はAmazonでも高評価が付けられており関心の高さが伺えました。

原作あらすじ

小学校・中学校では「うまくいかなかった」子どもたち――そんな彼らのために設立された“やりなおしの高校”(再チャレンジができる学校)で繰り広げられた教師と生徒の葛藤、魂のぶつかりあい・・・・・・。日本に本当に必要なのは進学校だけじゃない。

苦しい生徒に寄り添い続ける、こんな学校なんだ! 卒業後の居場所かつて「底辺校」と呼ばれていた高校を「生徒の居場所となる学校」に変えていく――すべては教師たちの情熱から始まった。実話を元に描いた感動の物語。

引用:Amazon

 

現在このような問題に直面している学校はきっとたくさんあって、そこには先生もいるわけです。

どのようにすべきかわからなくなった先生たちの必読書となりそうな口コミが多くありました。

中学校の教員を35年やりました。中学校に様々な生徒がいましたが,指導困難高と言われる高校には,成長することに困難さを持つ子どもたちがさらに多く集まってくることがはっきりと分かりました。生徒のための一念で頑張る先生たちが,地域の様々な立場の大人の協力を獲得しながら,一人ひとりを支えて大人にしていく姿に共感しました。地域(教育委員会も含め)がどうやって先生を支え,学校を支えるのかを考えることが,子どもたちの未来を支え,私たちの社会を支えることに繋がると思います。「チーム学校」は学校だけの範囲にとどまらず,地域で支え合うことで大きく機能すると思います。読み終わって,教育のための社会の実現は大人たちの責務だと再認識しました。

 

これからは指導だけではなく、支援の姿勢が必要不可欠。

 

 

-エンタメ

Copyright© Golrich channel , 2021 All Rights Reserved.