お役立ち

犬に生卵の白身を与えて大丈夫?下痢やアレルギーなどの注意点は?

最近では、愛犬へ手作りご飯を作る飼い主さんが増えています。

自然でヘルシーなものを食べて、健康を維持して欲しいという飼い主の愛情ですよね。

そんな中よく疑問としてあげられるのが、生卵は犬に食べさせてもいいのかという問題。

 

生卵の黄身はいいけど白身はダメって聞いたことがあるわ。それに生卵をあげると下痢しそうで怖いし…

 

今回は犬に生卵の白身は与えて大丈夫なのか、下痢やアレルギーの注意点をまとめてみました。

さらに、犬におすすめの卵の食べ方やレシピを紹介!

愛犬に与える前に、しっかりチェックしておきましょう。

 

犬に生卵の白身を与えるのはNG?

新鮮な生卵

我が家も、たまに愛犬へ手作りご飯を作っています。

その時に一番気にかけていることは、食材選びと使用する量と注意点。

食材の調理方法などもしっかり調べてから与えるようにしています。

 

今回は、生卵がテーマなのですが

結論から言いますと…卵は生ではなく加熱して与えることが大切です!

その理由を見ていきましょう。

 

生卵の白身がNGの理由

生卵の白身には「アビジン」というタンパク質が含まれております。

「アビジン」は黄身に含まれている「ビオチン」の吸収を阻害する作用があるため、白身と一緒に食べてしまうと、せっかくの卵本来の栄養成分が吸収されにくくなります。

さらに、稀なケースではありますが生卵(特に殻)にはサルモネラ菌が含まれている場合もあり、食中毒を起こす可能性もあります。

そういった観点から、生卵の白身を与えるのは避けた方がいいのです。

 

生卵の黄身なら大丈夫?

 

アビジンビオチンについてもっと詳しく知りたいわ

 

  • ビオチン(黄身)…ビタミンB群に属する水溶性のビタミンのこと。皮膚や粘膜の維持、爪や髪の健康を守る。
  • アビジン(白身)…ビタミンと強く結合する性質がある。ビオチンの吸収を阻害する。

 

犬にとってビオチンの欠乏は、脱毛や皮膚炎を起こす原因となります。

といっても、1度に大量に食べなければアビジン欠乏症を発症することはほとんどありません。

少々生卵の白身を食べてしまっても全く問題ありません。

 

じゃあ、生卵の白身だけ取り除いて黄身だけなら与えてもいいの?

 

「黄身だけなら与えても問題はない」という方もいますが、上記でも説明したように生卵にはサルモネラ菌の心配があります。

食中毒のリスクを抑えるならば、なるべく加熱した状態で与えることをおすすめいたします。

 

加熱すれば白身も与えてOK?

ここまで見てみると「白身は悪い!」見たいな印象を持ってしまった方もいるかもしれませんが、決してそうではありません。

白身にもしっかり犬に嬉しい栄養素が含まれています。

 

白身の栄養

  • 低脂肪なタンパク質
  • 代謝を良くするビタミンB
  • カロリーも低くヘルシー

 

さらに白身に含まれている「ビオチン」は加熱すれば破壊されます。

ですので、加熱さえすれば犬に白身を与えても全く問題ないのです。

 

な~んだ!大量に与えないことと熱を通すことを気をつければ、犬も白身を食べて大丈夫なのね!

 

犬が生卵で下痢やアルルギーを起こすことがある?

顔を隠して寝る愛犬

 

もし不注意で生卵を落としたりして、愛犬が誤って食べてしまった場合、

飼い主さんがまず気になるのは、生卵で下痢やアレルギーを起こさないかだと思います。

アレルギーとは、以前食べたことに対して反応が起こるものなので、過去に卵を与えた記憶がなければそこまで心配する必要はありません。

ただ可能性はゼロではないので、ここでは下痢や卵アレルギーについて飼い主が気をつけることを紹介いたします。

 

下痢をした場合

犬が生卵を食べて下痢をした場合は、細菌が原因で腸炎を起こしている可能性も考えられます。

古い卵や産みたての卵は、サルモネラ菌が付着していることが多いので扱いに気をつけなければいけません。

 

万が一、愛犬が下痢をしたときの対処法をまとめましたので、参考にしてみてください!

生卵だけに限らず、愛犬は下痢を起こしたときの対処法として知っておくと、いざというとき安心ですよ。

 

下痢の対処法

下痢以外の症状はない場合…しばらく様子を見て、下痢の状態を確認する。

2日以上下痢が続く場合脱水症状になる恐れもあるので、動物病院で看てもらう。

鮮血が少し混じっている場合…危険性は低いが、様子を観察して2日以上続くようなら病院へ。

大量の血液や黒っぽい・白っぽい場合消化器系の病気の可能性が高いのですぐに病院へ!

 

念のために下痢の状態の写真を撮っておくと、動物病院で先生にスムーズに状態を説明できます。

下痢の処理するときは素手に触れないようにして、処理後はしっかり手を洗ってくださいね。

 

卵アレルギーを起こしたら?

犬の卵アレルギーはほとんど事例がないと言われております。

それでもごく稀に、卵アレルギーを発症する犬もいるので注意するに越したことはありません。

事例がないので、どういった症状が出るのかは情報が少ないのですが、

基本的に犬がアレルギー反応を起こしたときの症状でもっとも多いのは…

 

  • 体の痒み
  • 皮膚の赤み
  • 毛が抜ける

などです。

 

もしも、自分の愛犬がアレルギー体質である場合や、他の食物アレルギーがある場合は

卵を与える前に動物病院で相談されることをおすすめします。

さらに、最初から卵まるまる一個与えるのではなく、少しずつ与えて様子を観察することも大切です。

 

犬に卵を与えてもいい分量は?

実際に、愛犬の食事に卵を取り入れている飼い主も多いと思います。

しかし、健康にいいからとたくさん与えるのはNG。

しっかり分量を守って上手く調理して与えるようにしましょう。

犬に与えてもいい卵の1日摂取量をまとめましたので、確認してみてくださいね。

 

卵1日摂取量(目安)

  • 3kg…10~15g(1/4個)
  • 5kg…25~30g(1/2個)
  • 10kg…45~50g(1個)
  • 15kg…65~70g(1-1/2個)
  • 20kg以上…90~95g(1-2個)

Mサイズ(重さ58~64g)で計算しています。個数に関しては目安です。

 

与えていい量は意外と少なめ。いつものご飯にトッピング程度がおすすめですよ♪

 

犬におすすめの卵の食べ方は?

卵料理 キッチン

 

人間だけじゃなく犬にとっても栄養満点な卵。ぜひ、日頃から食事に取り入れていきたいですよね。

愛犬家達が、自分の愛犬のために作る卵料理は愛情たっぷり♪

ここでは、犬におすすめの卵の食べ方を紹介いたします。

 

🐾卵と野菜のスープ

ブロッコリー・人参・サツマイモ・お肉などを入れて煮込み、最後に卵を溶いて入れます。

甘みを追加するためにリンゴを入れてもいいかも!

 

🐾炒り卵や卵焼き

炒り卵はトッピングにピッタリ!鶏肉そぼろ・インゲンやブロッコリーなど入れて三色丼にしてみるのもありですよ♪

卵焼きに味付けはしないでくださいね。

 

🐾ゆで卵とトマトのサラダ

トマト・キューリ・リンゴ・ブロッコリーなど、野菜や果物を使ったサラダもおすすめです。

ゆで卵は小さく刻んでトッピングしてみてくださいね♪

 

🐾犬用のケーキやプリン

犬用のケーキやお菓子は砂糖はNG。少しでも甘みを感じるようにと、サツマイモを入れたりヨーグルトやフルーツを入れている方が多いですよ♪

 

 

実際に作ってみよう!犬用オムライスのレシピを紹介

手作り犬用オムライス

薄焼き卵にハートと犬のシルエットが特徴♪

ケチャップは塩分と糖分が含まれるため使用しません。(無糖のケチャップはOK)

 

材料

  • 卵…我が家の愛犬は5.5kgなので、2/1個ほど
  • ご飯…100g
  • 鶏挽肉…100g
  • インゲン…小さいサイズ5本ほど
  • 低脂肪チーズ…スライスチーズの1/2
  • キュウリ…つけ合わせ
  • トマト…付け合わせ

犬用オムライスの材料

 

インゲンの代わりにパプリカやピーマン、ブロッコリーなど入れてもOK!

つけ合わせも愛犬の好みで選んであげてくださいね♪

 

作り方

  1. 黄身と白身を分けて、フライパンを熱し黄身のみの薄焼き卵をつくります。
  2. いったん薄焼き卵を取り出し、よく冷まして型抜きで好きな型を取ります。
  3. 再びフライパンに戻して、型抜きしたところに白身を流し入れます。十分に火が通ったら取り出し冷ましておきます。
  4. 鶏挽肉とインゲンを炒め、よく火が通ったらご飯を入れてしっかり炒めます。(味付けは一切しません)
  5. 炒めたご飯を冷ましている間に、キュウリやトマトを小さく刻み、チーズも型抜きしておきます。
  6. お皿にラップをして薄焼き卵を載せ、その上から冷ました③を載せて形を整えます。
  7. ④と⑤をお皿に盛り付けて完成!

 

薄焼き卵に型抜きをする

お菓子作り用の型抜きを使っています♪犬が走っているシルエットですが、猫に見えるかも(^^;)

 

犬用オムライスと愛犬

まだかな~と、オムライスに興味津々な我が家の愛犬くん。喜んで全部食べてくれました!

 

犬の手作りご飯のポイント

調味料で味付けしない

食べやすい大きさに切る

フライパンなどの余分な油は拭き取る

食材の分量をしっかり守る

しっかり冷ましてから与える

 

ポイントを理解した上で、愛情たっぷりの手作りご飯を作ってみませんか?(^^)♪

 

まとめ

愛犬の嬉しそうな笑顔

たまごパワーで今日も元気だわん!♪

 

今回は犬に生卵の白身を与えて大丈夫なのか、下痢やアレルギーの注意点などを紹介いたしました!

今回のまとめ

  • 生卵の白身が犬にNGと言われる原因は「ビオチン」
  • 熱を通せばビオチンは破壊されるので、問題なく白身も食べられる。
  • サルモネラ菌などの細菌感染を防ぐために、卵は加熱して与える。
  • 体重によって摂取量が決まっている

 

卵は栄養豊富で、ぜひ愛犬にも食べさせてあげたい食品の一つです。

卵アレルギーや下痢を起こす場合についても説明しましたが、卵アレルギーに関してはごく稀なケースです。

どんな食品でも言えることですが、しっかり分量を守り、賞味期限以内の卵を使用し、上手に調理して与えることが大切です。

犬用の卵料理に挑戦したことない方は、ぜひ1度チャレンジして見てくださいね♪

 

-お役立ち

Copyright© Golrich channel , 2021 All Rights Reserved.