恵方巻き

恵方巻きの付け合わせ!夕飯のおかずになるもう一品にはコレがおすすめ!

恵方巻き付け合せ

 

昨今は節分で恵方巻きを食べることがすっかり定着しましたね。

最近の恵方巻きは具がたくさん入っていて、1本あれば他に夕飯のおかずは作らなくてもいいかな?なんて思ってしまいます。

でもなんだか恵方巻きが1本だけ食卓に出ていたらなんだかさみしいですよね。

できれば付け合わせにもう一品、二品とくわえたいところです。

せっかくの節分の楽しいイベントですからもう少し豪華になるような恵方巻の付け合わせいをくつか考えてみました。

良かったら参考にしてみてくださいね。

 

 

恵方巻きの付け合わせもう1品は?

みなさんは、恵方巻きを作る派ですか?

酢飯を作って、具材とのりを準備して巻いて・・・結構な手間ですよね。

家事、育児、仕事で忙しく、時間がない主婦の方は恵方巻は買ってきてラクしちゃいましょう♪

恵方巻きは節分の日になるとお店にズラリと並んでいて、具材もバラエティー豊富です。

選ぶのに迷ってしまいますよね。

あらかじめ献立を決めておいて、恵方巻きの具材に合う付け合わせを考えると選びやすいかと思います。

 

お肉類

育ちざかりのお子さんがいらっしゃるおうちはやっぱりお肉料理は入れたいですね。

たとえば・・・

  • 唐揚げ
  • 豚の角煮
  • 焼き鳥
  • 肉じゃが
  • とりの照り焼き
  • 豚しょうが焼き
  • とんかつ
  • ハンバーグ

 

魚介類

節分に食べる風習がある(とくに関西、西日本)魚といえばイワシですね。

  • イワシの天ぷら
  • ワシの梅煮
  • イワシのフライ

 

イワシが苦手な人は、

  • サバの塩焼き
  • アジフライ
  • 白身魚のフライ
  • ぶりの照り焼き

 

さっぱりとマグロ、タイ、サーモン、イカ、タコなどの刺身盛り合わせは見た目も華やかになりますしおすすめです♪

 

野菜類

栄養のバランスを考えて野菜料理も。

  • 野菜炒め
  • 筑前煮
  • こんにゃくの甘辛煮
  • ひじき煮
  • きんぴらごぼう
  • ほうれん草のごま和え
  • 煮豆
  • サラダ

 

汁物

やっぱり汁物でのどをうるおしたいですよね。

  • お味噌汁
  • お吸い物
  • 豚汁
  • イワシのつみれ汁
  • けんちん汁

 

その他

  • 湯豆腐
  • 茶碗蒸し
  • 漬け物

 

なども付いていたら、箸休めにもなるしうれしいですね!

 

恵方巻きが夕飯のおかずになる献立

上記の付け合わせを参考にして3パターンの献立を考えてみました。

 

①現在カロリーが気になる人の献立

恵方巻きの酢めしは砂糖が含まれているため普通のご飯よりはカロリーが高くなってしまします。

恵方巻きを手作りすなら、なるべく酢めしを少なめにして具材を多くするのもいいですね。

付け合わせもなるべく満腹感のあるものでカロリーの低い献立にしてみました。

  • 恵方巻き
  • つくね風豆腐ハンバーグ
  • ほうれん草のごま和え
  • わかめ、ネギ、豆腐のヘルシーお味噌汁
  • 野菜たっぷりグリーンサラダ

主菜のハンバーグは鶏ひき肉と豆腐を加えて混ぜれば普通のハンバーグにくらべて半分のカロリーになります。

ほうれん草のごま和えは調味料の砂糖を少し調節してみましょう。ごまには栄養素が豊富に含まれています。

わかめのおみそ汁は塩分が気になるところですが、わかめは塩分を排泄してくれる作用があってむくみにくいんですよ。

サラダはポテトやマカロニは、カロリーが高めですので、トマト、レタス、キャベツ、きゅうりがおススメ。

ドレッシングも低カロリーなのものにしましょう。

 

②お子さんがいて家族みんなでガッツリ食べたい献立

節分は子供たちにとっては大きなイベントのひとつですね。

恵方巻きの付け合わせもボリュームのあるものにしてみました。

  • 恵方巻き
  • 白身魚のフライ
  • とりの唐揚げ
  • ポテトサラダ
  • 豚汁
  • 湯豆腐

鶏の唐揚げは子供には大人気ですよね。白身の魚フライもクセがないので子供たちも食べやすいと思います。

ちなみに、とりの唐揚げを先に揚げてしまうと油が汚れてしまうので白身魚を先に揚げるようにしましょう。

具だくさんの豚汁は一杯で栄養価が高くからだも温まります。

お酒を飲むお父さんは、おつまみにポテトサラダはいかがでしょうか?

そして湯豆腐にポン酢をつけて食べたらお酒もすすみそうですね。

 

③節分の習わしにこだわりたい献立

せっかくの節分だし、節分の習わしの食材を選んでみました。

おじいちゃん、おばあちゃんも一緒においしくいただけます。

節分にはイワシを食べる風習が西日本で多く知られています。

イワシを焼いた時に出る煙のにおいで鬼を追い払ってから食べるそうです。

そこでイワシを取り入れて・・・

  • 恵方巻き
  • イワシの梅煮
  • こんにゃくの甘辛煮
  • そば
  • イワシのつみれ汁
  • 茶碗蒸し

縁起もののイワシは焼くよりもくさみがなく食べやすい梅煮にしてみました。

イワシのつみれ汁は白だしのお吸い物風にあっさりと。

恵方巻きにも合います。

こんにゃくのピリ辛煮は簡単ですし、作り置きにもできます。

むかしは節分も大掃除の日にあたり、体の中もキレイにする意味をこめてこんにゃくを食べていたそうです。

おそばは厄落としの縁起ものとして節分に食べる地域もあります。

どんぶり一杯は多いので小さな器に入れて添えてみては。

茶碗蒸しは、特に習わしには関係ありませんが、個人的にもう一品加えるとしたらだんぜん茶碗蒸しが食べたくありませんか?

 

まとめ

恵方巻きにいくつか付け合わせをすれば、立派な夕飯のおかずになりますよね。

ご紹介した献立のようにいくつか作らなくても、恵方巻きを買ってきてもう一品加えるだけでも十分なひと工夫だと思います。

わたしの恵方巻きのイメージは、恵方の方向を向いて恵方巻きを黙々と食べるという不思議な行事でした。

ちなみに2022年は北北西のようです。

節分で豆をまくイベントのあと、家族で恵方巻きを囲んでおいしい料理をいただく楽しみが増えてなんだかうれしいですね。

 

-恵方巻き

Copyright© Golrich channel , 2021 All Rights Reserved.