ドラマ

石子と羽男の原作は漫画?脚本やあらすじは?制作ス タッフが凄い!

石子と羽男原作漫画

 

7月からのTBS金曜ドラマ(午後10時)は、「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?-」です。

有村架純、中村倫也ダブル主演で、期待は高まりますね。

最近は、漫画原作のドラマが多くありますが「石子と羽男」という何ともいえない変わったタイトルからして漫画が原作?!

このタイトル名だけで興味がわいてきますよね。

 

ということで今回は「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?-」の原作は漫画なのかと合わせて、脚本家やあらすじもご紹介していきたいと思います!

 

 

石子と羽男の原作は漫画か小説?

最近のドラマは、漫画や小説などの原作がある作品が多いですが、「石子と羽男」は原作のないオリジナルドラマでした。

製作スタッフと脚本家がともに作り上げるオリジナルドラマには、先のわからないおもしろさがあります。

最近は、ドラマの先を想像する考察がSNSで盛り上がることが多くあり、ドラマの新しい楽しみ方になりましたよね。

そういう意味でも、先のわからないオリジナルドラマは、現代にぴったりと言えますね。

オリジナルストーリーということであれば、ドラマの行く末を左右するのは脚本!

誰が脚本を担当するのでしょうか。。

 

石子と羽男の脚本家は誰?

 

「石子と羽男」の脚本家は、西田征史さん。

ドラマだけでなくアニメや映画と幅広く活躍中です。

 

ドラマ

  • NHK朝の連ドラ「とと姉ちゃん」
  • 「怪物くん」
  • 「妖怪人間ベム」

 

アニメ

  • 「TIGER&BUNNY」
  • 「RE-MAIN」

 

映画

  • 「響-HIBIKI-」
  • 「小野寺の弟・小野寺の姉」
  • 「泥棒役者」

 

「妖怪人間ベム」は、東日本大震災のあった2011年の放送ですが、その時のインタビューの言葉が心に残っています。

8歳の時に実の兄を事故で亡くした西田さんは、人が亡くなる場面は書かないと言っていたのです。

悪の道に進みそうになるのを思いとどまって戻ってくる人々を多く描く、温かいドラマでした。

「とと姉ちゃん」のインタビューでも、何気ない日常の大切さ大事にと言っていますので、今回も温かい気持ちにしてくれると思っています。

 

そして、プロデューサーの新井順子さんと演出の塚本あゆ子さんは、数多くのヒット作を生んでいます。

代表作は

  • Nのために
  • 夜行観覧車
  • リバース
  • アンナチュラル
  • MIU404
  • 中学聖日記
  • 着飾る恋には理由があって

といったサスペンスや恋愛ものまで幅広く手がけています。

特に最近はオリジナルが多いみたい!

この3人が作る「石子と羽男」というオリジナルドラマの世界、どんなものか楽しみです。

 

石子と羽男のあらすじ

 

石子と羽男は本名だと思っていたら、ニックネームでした。

有村架純さん演じる石田硝子(いしだ・しょうこ)が石子で、中村倫也さん演じる羽根岡佳男(はねおか・よしお)が羽男です。

東大卒で4回司法試験に落ちたパラリーガルの石子は、真面目でコツコツ努力し、頭が固いことから石子と呼ばれています。

羽男は、見たものを写真のように記憶できる能力を持っていて司法試験にも1回で合格し、自分で羽のように軽やかな性格と言っているのです。

写真のように記憶するという話を最近、何人かの俳優さんの台本の覚え方で聞きました。

広瀬すずさん、菊池風磨くん、清原果耶さんだったでしょうか。

もっと他にもいらしたと思うのですが、俳優さんも天才肌の人が多いようです。

石子はまた落ちることが怖くて、5回目の司法試験を受けられません。

さだまさしさん演じるお人よしの父が、お金にならない仕事ばかりするために、しっかり経理も担当しています。

羽男も、想定外のことが起きると対応できなくなるという弱点があって、それを隠して天才を気取っているのです。

この2人がコンビを組んで、実際にあった嘘みたいな日常のトラブルを解決していきます。

 

他の弁護士ドラマのように大きな事件を解決するシリアスな話ではないようですね。

一見小さな事件の中の、誰かの大切なくらしを護ろうとすることで、石子と羽男も成長していくといった感じでしょうか。

凸凹コンビの言い合いを想像しただけでニヤついてしまいそうです。

ドラマにありがちな愛が生まれる展開も盛り込まれているのか気になるところですが、過去には不必要なラブ要素に批判が集まったドラマもありましたが、この制作スタッフのこれまでを見る限り恋愛路線には向いていかないような気がします。

 

また、「石子と羽男」の第1話の依頼人として赤楚衛二さんの出演が発表されました。

ということは毎話ゲスト出演で旬の俳優・女優やまさかの芸人さんの登場も期待できそうです。

 

まとめ

7月から放送のTBS金曜ドラマ(午後10時)は、「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?-」についてまとめました。

漫画や小説の原作はなく、新井順子プロデューサーと塚原あゆ子監督、脚本西田征史さんによる完全オリジナルです。

有村架純さん演じる東大卒のパラリーガル石子と、中村倫也さん演じる高卒の弁護士羽男の凸凹コンビが、日常に潜むトラブルを解決し、成長していくリーガルエンターテインメントです。

間違いなく面白いことでしょう。

 

-ドラマ

Copyright© Golrich channel , 2022 All Rights Reserved.