お役立ち

すだちが大量に余る!上手な使い道は?長期保存方法もまとめて紹介

すだち断面

夏から秋にかけてが旬の”すだち”は本当にさわやかで美味しいですよね。

しかもビタミンもたっぷりで美肌効果も期待♪

この時期のすだちは香りも味わいも良く、焼き魚や天ぷらにキュッとひとしぼりで贅沢な気分になります。

ただ、使い方が「果汁をしぼり何かにかける」くらいでワンパターンになりがちじゃないですか?

ある日、すだちを大量に頂くことがあり「この量のすだち、どうやって消費しよう...」と。

そこで、今回はすだちの使い道やそれでも余った時の長期保存法をまとめてみました。

 

すだちが大量に余る!上手な使い道は?

サンマとすだち

すだちの使い道といえば、、、

  • 焼魚に添える
  • 冷やしうどんに添える
  • 焼酎に絞り入れる
  • 酢の物、南蛮漬けに使う

くらいしか正直思いつきませんよね。

ほかにどのような使い道があるのか以下にまとめてみました。

 

すだちポン酢

すだちでポン酢は作っておくと冷暗所で1年ほど長期保存も可能なので、是非試して頂きたいです。

一般のポン酢に比べてなんといっても香り良し♪

それでは早速作り方です。

材料

  • かぼす   お好みの量(酸っぱいのが好きな方は10個ほど)
  • 昆布    10㎝×10㎝くらい
  • 酒     200ml
  • しょうゆ  250ml
  • 米酢    100ml

作り方

  • すだちをしぼっておきます。このときカスや種が入らないよう茶こしなどでこしておきます。
  • 鍋にお酒と適当に切った昆布を入れ、弱火で煮立たせアルコール分を飛ばし、火からおろして冷ましておきます。
  • 冷ましたお酒にしょうゆ・米酢・すだちのしぼり汁を加えます。
  • 熱湯消毒したビンに移して、できあがり!

 

とても簡単なので自家製ポン酢を作ってみてはいかがでしょうか?

鍋の時期に大活躍すること間違いなしです!

 

すだちシロップ

大量のすだちを絞る、という作業って結構大変なんですよね。

皮固いし…手が疲れてくるし...

 

そんな方はザクザクきって入れるだけの、シロップ作りがおすすめです。

材料

  • すだち  500g
  • 氷砂糖  500g
  • 酢    100ml

作り方

  • すだちを洗い、ヘタを取り除きキッチンペーパーなどで水分をふき取ります。
  • すだちを4分割にカットします。
  • 煮沸消毒したビンに氷砂糖→すだちと数回に分けて交互に入れ、さいごに酢を注ぎます。
  • 1週間くらいですだちシロップの完成!

炭酸や水で割っていただいたり、牛乳と割るとラッシーのようになり美味しいですよ。

そして常温保存可能です。

 

皮ごとシロップ漬けにするから、無農薬栽培の方がより安心ね!

 

おしゃれな保存ビンを発見!

すだち以外に梅酒や果実酒に使えるし、2Lというサイズ感がめずらしい♪

ちょっと作りたいときに良いサイズですね。

 

酢飯にする

お子様がいるご家庭はよく手巻き寿司しませんか?

好きに具を選べて自分で巻くって、子供たちにとってはとっても楽しいですよね。

この時作る酢飯の”酢”をすだち果汁にしてみて下さい。

すごくフルーティでおいしい酢飯になりますよ。

家族そろって手巻き寿司を是非!

 

みそ汁に絞る

意外にみそ汁にすだちを絞り入れている人、多いんですよ。

試してみましたが、サッパリして美味しい♪

二日酔いの翌日とかより良さそうです。

また、果汁を絞るのではなく薄切りの輪切りをみそ汁に浮かべ、見た目にも爽やかにするのもおすすめです。

 

飲むヨーグルト風

牛乳にすだちの果汁+砂糖でなんと飲むヨーグルト風に。

これなら一人分につき、ひとつは消費してしまいそうですね!

先ほど紹介した「すだちシロップ」を作るほどでもない方は、簡単にこの方法でもOKですね。

また、牛乳にはカルシウムが含まれていますが、すだちのビタミンCがカルシウムの吸収率をアップしてくれるという嬉しい効果も。

 

それでも余るすだちを長期保存

いろいろ料理に使ってみたけどやっぱり余ってしまう...

そんなときは、最終手段の”冷凍保存”です。

果汁を冷凍

手が疲れそうですが、しぼってしぼって果汁を冷凍します。

※種やカスは茶こしなどで取り除いて下さいね。

製氷皿で凍らせると、使うとき便利ですね。

こんなふた付きの製氷皿が霜も付きにくく便利です。

 

丸ごと冷凍

「たくさんすだち頂いたけど、いろいろ作るの面倒くさい~」な方は、すだちを丸ごと冷凍しちゃいましょう。

すだちを洗って、水気をしっかりふき取ります。

そして、ジップロックなどできるだけ密閉できる冷凍保存用袋に入れて、冷凍庫へ。

約2ヶ月くらいは風味よく保存できます。

 

使い方はそのまま、皮をすりおろして料理の風味付け。

カットして使う場合は10分くらい常温で解凍して下さい。

またシャリっと凍っている状態のときに輪切りにして冷やしうどんに入れると、真夏の暑い日にちょうどいいかもしれません。

 

まとめ

すだち丸ごと

大量に頂いたすだちの使い道についてまとめてみました。

とっても香りも良く、8月~10月にしか手に入らないすだち。

季節の恵みを無駄にしないよう、いろんな方法で食卓に取り入れてみて下さいね。

 

-お役立ち

Copyright© Golrich channel , 2021 All Rights Reserved.