お役立ち

財布に寿命があるって嘘なの?買い替え時の見極め方はコレ!

財布と女性

あなたが愛用している財布は、購入してからどのくらい経っていますか?

自分のご褒美に買ったブランドの財布だったり、大切な人からのプレゼントだったり、気に入った財布ほど、なるべく長く使い続けたいですよね。

しかし、風水の世界では財布には寿命があると言われているのです。

 

えーー!!財布の寿命が過ぎたらどうなるの!?

 

風水的には、寿命よりも長く使い続けるとお金が出て行きやすくなるといわれています。

一見、嘘のような話に聞こえますが…

金運をアップさせたい方や、財布の買い替えで悩んでいる方にとっては、知っていて損しない話かもしれません!

 

今回は、財布の寿命が嘘か本当か!?風水・運気・縁起それぞれの観点から紹介いたします。

さらに、財布の買い替え時の見極め方もまとめてみました。

財布の寿命を知っておくことで、金運アップに繋がるかも?最後までお付き合いくださいね。

 

 

財布に寿命?嘘か本当か!

金運と金の財布

新しい財布に買い替るタイミングは、ほとんどの場合が「古くなったから」という方が多いと思います。

汚れている財布を使うと、なんとなく金運が下がってしまう気もしますよね。

 

逆に、古くボロボロになった財布でも、大切に使い続けていると愛着が沸いて「なかなか手放せない」という方もいるでしょう。

私の友人にも、10年以上同じ財布を使い続けた強者もいるくらい…(^^;)

小銭入れが破れてセロファンテープを貼り付けていたのにはさすがに驚きましたが、友人は決して貧乏というわけではないんですよね。

 

ただ、どんなに使い慣れていて愛着があっても、いつかは財布を買い替える時がやってきます。

財布の寿命を知っておくと、気持ちよく今の財布ともお別れが出来るかもしれません。

「風水から見た財布の寿命」と「運気と縁起から見た寿命」をそれぞれ紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

風水の観点から見た財布の寿命

風水では財布の寿命は1000日。年に換算すると約3年間と言われています。

どんなに見た目が綺麗な財布でも、寿命がきたら金運パワーがどんどん下がっていきます。

人によっては、常に新しいパワーを取り入れるために1年周期で財布を買い替える方もいるほど。

つまり、財布は新品に近ければ近いほど金運アップに繋がるということなのです。

 

金運アップのために毎年買い替えるのもちょっと勇気がいるわ…。安い財布ってわけにはいかないし。

 

どうしても手放したくない財布や、思い入れがあって使い続けたいという財布もあるかと思います。

そのときは、使用した期間と同じ時間寝かせて休ませる方法があります。

その期間は別の財布を使う必要がありますが、財布を寝かせることで金運パワーを復活させることができるのです。

 

お気に入りの財布を二つ用意して、交互に寝かせて使えば毎年買い替えなくても良いってことね!

 

財布を寝かせるには財布布団もおすすめです!

財布を寝かせて金運をどんどんアップさせよう。

 

\YouTuberのHIKAKINも愛用/



金運アップ習慣【お財布専用ふとん】を覗いてみる? >>

 

運気や縁起の観点から見た財布の寿命

財布はお金の玄関口といわれ、お金を守る働きもしてくれます。

財布が汚れてしまったり痛んだり破れてしまった時には、財布に運気アップの力はもうないと考えられます。

ですので、財布のキズや痛みが少しでも目立つようになった瞬間が財布の寿命なのです。

 

なおさら大事に使わなきゃ~!財布をその辺にポンと置くクセをなおさないと!

 

少しでも財布の寿命を延ばしたい場合は、ビニール製や布製の、痛みやすい素材の財布はあまりおすすめできません。

多少高額なものでも、本革のしっかりした素材の財布を使うことが金運アップには大切なのです。

どんなに高額な財布で綺麗な状態を維持していても、使用するのはやはり3年まで。

それ以降は寝かせて運気回復を待つか、ラベンダー色の布に包んで北側の部屋で保管することをおすすめいたします。

ちなみに風水では寿命が来た財布を処分するのはNGとされています。

 

買い替え時の見極め方

サインを見極める

財布の買い替え時に正解はないのですが、やはり金運アップを狙うならば買い替え時にはこだわりたいもの。

風水や運気を大切にしたい方もいれば、財布の状態や見た目で判断した方もいるでしょう。

自分がコレだ!と思うタイミングがきっとあるので、ぜひ紹介する見極め方を参考にしてみてくださいね。

 

皮のひび割れや乾燥によるかさつき

本革の財布を使用したことがある方なら経験があると思います。

本革の財布は、使い続けていると次第に表面がパリパリと乾燥状態になり、そのまま放置しているとやがてひび割れを起こしてしまいます。

人間の肌もお手入れをしないと乾燥してしまいますよね。

本革も動物の皮なので、定期的にクリームを塗ってあげるなどお手入れが必要になります。

 

ただ、お手入れをしてもひび割れや乾燥が目立ってしまう場合は、財布自体に寿命が来ていることになるので買い換えのタイミングといえるでしょう。

 

少しでも皮製品を長持ちさせたいあなたに!靴やバッグはもちろん、財布などのお手入れにおすすめ!

「エム・モゥブレィ-デリケートクリーム」

 

顔のスキンケアをするように、本革財布にも保湿が必要なんです!

欧州生まれの皮革製品用栄養クリームが、あなたの大切な財布を乾燥から防ぎます。

 

財布の型崩れやファスナーの破損

最初はパリッとしていた財布も、使っていくうちにヨレヨレした状態になっていくのはよくあることです。

お金やカードを出し入れしているうちに、皮や布が伸びてきたりファスナーなどの金属部分が壊れてしまったり。

型崩れや金属部分の破損が起きた時には、財布の寿命だと考えましょう。

金属部分の破損だけなら修理に出すことで改善は出来ますが、修理が不可能な状態の場合はすぐに買い替えをオススメいたします。

 

生地の色落ちやスレ

合皮革によくあるのが、皮の剥げや生地の色落ちです。

本革の財布は、使って行くうちにどんどん色が変わって深みが出てきたり、お手入れを欠かさなければツヤが出てきてその変化を楽しむことが出来ます。

しかし人口的に作られた合皮革の場合は、初めのうちは高級感があるように見えても、扱いによってはすぐに皮が剥げたり色が落ちてしまうのです。

そうなってしまった時は、買い替え時といえるでしょう。

合皮革の財布は、布やビニールで出来た財布に比べると長持ちはしますが、どんなに大切に使っても寿命は約3年が目安です。

 

買い替え時は財布の状態次第?

結局、財布の買い替え時のタイミングって財布の状態が悪くなった時と考えていいの?

 

財布はお金の出入り口ですので、やはりいつも綺麗に清潔にしていたいものです。

人間も自分の部屋が汚いと、何もやる気が起きないし居心地が悪いですよね。

お金も一緒で、財布はお金の部屋のようなもの。いつも綺麗で清潔な方が居心地がいいのです。

居心地の悪い財布に、お金も居座りたくないはずです…(^^;)

 

風水では、財布の寿命は1000日(約3年間)と言われていますが、

それは「財布を3年ほど使い続ければ、財布自体の状態も悪くなってくる」とも言えるでしょう。

ですので、財布に寿命があるという風水の考え方も嘘ではないといえます。

なので1000日の寿命にこだわる必要はなく、お財布を綺麗に保ってあげることがなによりも大切なのです。

大切に財布を扱ってきたけど、さすがに傷んできて汚れも…

そんな時は「処分」するのか違う使い方で「再利用」するかのどちらかですよね。

処分をお考えの方は↓

>> 財布の捨て方は?処分の仕方を正しくやって浄化金運アップする5つの方法!

 

再利用方法を知りたい方は↓

>> 使わなくなった財布の活用法は?再利用におすすめしたい7つの使い道!

 

財布を傷めないために…

ポケットなどに入れて持ち歩かない

水気や湿気に気をつける

机などにポンと置きっぱなしにしない

カードやレシートなどパンパンに詰め込まない

定期的にお手入れをする

 

普段から出来ることばかりなので、ぜひ実践してみてくださいね。

自分の財布に愛情を注いで、お金が居座りたくなるようなお財布にしましょう!

 

\財布の寝床♪/



金運アップ習慣【お財布専用ふとん】を覗いてみる? >>

 

まとめ

長財布と女性の手

今回は財布の寿命は嘘か本当か、風水の観点から詳しく紹介いたしました!

  • 財布の寿命は1000日(約3年間)
  • 汚れや故障、ひび割れなど、明らかに状態が悪い場合は買い替え時。
  • 金運を下げないためには、財布を綺麗に保つことが大切。

 

どんなに愛着のある古い財布でも、思い切って買い替えると運気が上がっていくこともあります。

しかも、新しい財布にお金やカードを入れ換える時って、なんだか気分もワクワクしてきますよね。

新しい財布に替えることで、モチベーションを上がり運気も急上昇!

この記事を読んで気になった方は、ぜひ一度自分の財布を見直してみてくださいね。

 

 

-お役立ち

Copyright© Golrich channel , 2021 All Rights Reserved.