スポーツ

イケメン高橋藍(らん)の兄もバレー選手?ハーフなの?最高到達点も凄い

ミカサバレーボール

2020年1月、バレーボール全日本高校選手権を制した東山高校のエース高橋藍は男子日本代表登録選手に初選出されました。

最年少ながら東京オリンピックに向けた代表合宿にも召集され、今後ますます期待されるイケメンバレー選手♪

そんな高橋藍選手のお兄さんについてやハーフ説、そして高橋藍選手の凄さについて調べてみました。

高橋藍(らん)の兄もバレー選手だった

高橋藍選手には2歳年上の兄がいます。

名前は高橋塁(るい)。

そして同じくバレーボール選手です。

 

弟・高橋藍に負けじとイケメンさんですね!

 

兄・高橋塁がバレーを始めたきっかけは女子バレー選手栗原恵を見て「この人のようになりたい!」と思ったことが始まりだそうです。

そして、バレーボールを始めた兄に影響され、弟の高橋藍も小学年生の時バレーボールを始めたとのこと。

兄・高橋塁プロフィール

年齢:高橋藍選手の2つ上なので、2020年時点では21歳となります

出身高校:高橋藍選手と同じ東山高校(当時はキャプテン兼エース)

大学:日本大学

ということは同じ高校で同時期に先輩後輩として部活動していたってことですね。

兄がキャプテン兼エースだったこともあり、高橋藍選手の刺激になったことでしょう。

これからは大学も別々なのでライバルとして兄弟対決が見ものです。

 

イケメンな高橋藍(らん)はハーフなの?

 

 

ちょっと日本人離れしたスッとした鼻筋やホリ深めのお顔立ちからハーフなの?という疑問がわいてきますよね。

実は、高橋藍選手の母方の祖父がアメリカ人のため、クオーターなのです。

お母さまがハーフなんですね。

どおりでイケメンなわけですよ~

ということはもちろん兄・高橋塁もクオーターということになります。

本当にお二人ともイケメンさんですね♪

 

>>>高橋藍選手の家族構成やプロフィール、経歴はコチラ!

 


イケメン!高橋藍選手が高校時代に掲載された「月刊バレーボール」はコチラ!

 

イケメンなだけではない!最高到達点も凄かった

イケメンなだけではここまで評判にならないし、東京オリンピックの代表合宿に選ばれませんよね。

高橋藍のバレーボール選手としてのポテンシャルが凄いんです。

身長は188㎝でポジションはアウトサイドヒッター。

すなわち、攻撃担当のポジションとなるわけですが左右からスパイクをバシバシ打っていきます。

スパイク打つ時のジャンプ力も凄まじく、その最高到達点は343㎝!

日本代表選手のスパイクジャンプ時の平均到達点は344㎝なので、最年少ながら代表選手並みのポテンシャルを既に持ち合わせているんです。

中でも高橋藍選手の武器、バックアタックは高さ・速さ・威力すべてが高校生時代からレベルを逸脱しており、自身がレシーブした後でもすぐにアタックの態勢に入れる器用さも強さの秘訣です。

アタッカーとして、今後期待されること間違いなしです。

 

ちなみに最高到達点の日本一記録保持者は身長189㎝である福澤達哉選手の355㎝で、世界記録ともなると身長196cmであるキューバの選手レオネル・マーシャルの383cm!

凄すぎる!

 

世の中が注目!高橋藍選手への反応

バレーボールファンは多くいるのですが、高橋藍選手の活躍ぶりに早くから目を付けている人もいるようです。

高橋藍選手のこれからの活躍を期待する世の中の反応をのぞいてみましょう。

 

バックアタックも高橋藍選手の得意技!

 

やっぱり「イケメン♡」という声が多くありました♪

ルックスも良し、アタックもめちゃくちゃすごい!となるとファンがこれから急増しそうです。

 

まとめ

今回は高橋藍選手の兄についてやハーフ説、そして高橋藍選手の凄さをまとめてみました。

まだまだ、名前は全国区に知られていないですが、あのルックスでひとたび活躍すればたちまちメディアで取り上げられ人気者になること間違いなしです。

ケガの無いよう選手生活を送ってもらいたいと思います。

モルテンのバレーボール
高橋藍(らん)の家族構成やプロフィールは?男子バレー日本代表候補に注目!

最年少ながら2021年東京オリンピックに向けた日本代表合宿に召集された期待の新星!高橋藍(らん)選手。 さわやかなルックスと実力でバレーボールファンから熱い視線を向けられています。 そんな高橋藍選手の ...

続きを見る

-スポーツ

Copyright© Golrich channel , 2021 All Rights Reserved.