お役立ち

甘栗糸を引くのに食べた!日持ちはどれくらいで腐るとどうなる?

甘栗糸引く食べた日持ちは?

 

手軽に食べられる自然派おやつの甘栗ですが栄養価も高く食べ応えもあるのでお家時間の間食に重宝しているという方もいらっしゃるかと思います。

最近は外出がなかなか出来ないのでネットでまとめ買いしてストックしたりしていると日持ちが気になってきますよね。

火も通っているし日持ちもしそうな気がしますが、実はあまり日持ちしない食品なんです!

腐ると糸を引くこともあるという甘栗ですが、糸を引くということの他にも腐っているサインがあるのでそちらもご紹介して行きたいと思います。

 

 

甘栗糸引くのに食べたけど大丈夫?

甘栗を食べようと思ったらなんだか糸を引いている!

なんてことはありませんか?


実は私も経験があります。。。

その時は周りにコーティングされている砂糖などの成分かな?なんて気に留めずに食べてしまいましたけどね。

でも口に入れると今まで感じたこともない危険なお味が!

調べてみると糸を引いている甘栗は腐っているということでした。

やっぱりそうだよね…

では、甘栗が腐ると糸を引く他にどんな風になるのでしょうか?

 

甘栗は腐るとどうなる?

意外と経験者が多いと思われる「甘栗が糸引いてた」の他に、甘栗は腐るとどうなるなるのかといいますと、

  • 糸を引く
  • カビが生える
  • 風味が変わる

という風になります。

それぞれ順番にみて行きましょう!

 

糸を引く

見た目としては「納豆のようにネバネバとした糸を引く」という印象を持っている方が多いです。

ヌルヌルとした表面になり、なんかいつもと違うな?というような質感になったら気をつけましょう。

 

カビが生える

これは明らかに見た目でわかりますよね!

表面にカビがついているだけなら水で洗ったりカビの部分だけ取って食べる、という方も多いと思います。

ですが、見えないだけで栗の中までカビが侵食していることもありますので食べるのはやめておいたほうがいいですよ。

栗自体痛みやすくカビが生えやすい食べ物だよ!

なので開封したら賞味期限が迫ってなくても早めに食べ切りましょう。

 

風味が変わる

代表的なものが酸っぱくなるという味の変化です。

ちなみに味が酸っぱくなったものは臭いも酸っぱくなりますので食べる前にわかります。

このように味が変化したものを食べるとお腹を壊しますので、ちょっと怪しいな...と思ったら食べる前に臭いもチェックするといいですね。

そして、もうひとつの味の変化が甘くなくなるというものです。

どういうこと?と思う方もいらっしゃると思いますが、痛んでくると甘みが弱くなることがあるんです。

甘さ控えめなのかな?鼻が詰まってるのかな?と思って見過ごしてしまいそうですが、いつもより甘くないと感じたら痛んでいる可能性がありますので注意しましょう。

 

甘栗の日持ちは?

屋台などで買った殻付きの甘栗とコンビニなどで買える甘栗むいちゃいましたなどの製品では日持ちはやはり変わってきます。

そしてレトルトパウチの商品も開封前と開封後では変わってきます。

ここではそれぞれについて詳しく説明しますね!

 

屋台などで買った殻付きの甘栗の場合

屋台などで購入した殻付きの甘栗の賞味期限は数日ほどと、かなり短いです。

1週間も置いてしまうと痛んでくるので、早めに食べるようにしましょう。

また、傷んでしまう以外にも乾燥して硬くなってしまい風味がグッと落ちるという理由から、殻付きの甘栗は早く食べたほうが良いといわれています。

品質を保つためにも出来るだけ3日以内に食べ切ることをおすすめします。

 

レトルトパウチ製品の甘栗の場合

”甘栗むいちゃいました”など殻なしでレトルトパウチに入っている甘栗はパッケージに賞味期限が記載されているので、開封前はその期限を目安に食べれば良いのですが、開封後はその日中に食べなければならないので注意が必要です。

開封して1週間も経つとほぼ腐っている可能性が高いくらい、日持ちしないんです...

特に保存料など一切使用していない場合は、開封後一時保管する場合も冷蔵庫(10℃以下)に入れておくことをおすすめします。

基本的にはどちらも直射日光・高温多湿を避けた常温で一時的に保管することができますが、一気に食べるのが大変という方は冷凍保存がおすすめです!

冷凍する場合は可能な限り空気を抜いて、ジッパー付きの保存袋に入れて保存しましょう。

食べる際は自然解凍して、食べる直前に少し温めると美味しく食べることができますよ。

ちなみに冷蔵保存は向きません。

硬くなってしまいますし、冷凍のように長期保存をすることができません。

 

まとめ

今回は甘栗が痛むと糸を引いたりカビが生えたり酸っぱくなったり見た目と味に変化が出てくる、ということをお伝えしました。

甘みが少なくなるというのは知らなかったという方も多いのではないでしょうか?

日持ちも殻付きはそんなに長くなかったり、レトルトパウチの製品も開けたらその日中に食べないといけなかったりと甘栗は足が早いんですね。

痛んだものを食べてしまわないように冷凍保存などで工夫して長期保温しつつ賞味期限を守って食べるようにしたいですね!

 

-お役立ち

Copyright© Golrich channel , 2022 All Rights Reserved.