お役立ち

ちらし寿司関東と関西の違い!地域よって使う食材も味付けも違う?

ちらし寿司,関東,関西,違い

 

ひな祭りやホームパーティーで食べられているちらし寿司。

酢飯に具材を乗せるだけでオシャレ&豪華に見えて、食卓をハッピーにしてくれますよね!

実はちらし寿司って関東と関西で違いがあるって知ってましたか!?

今回は、

  • ちらし寿司って関東と関西で違いがあるの?
  • 地域によって具材や呼び名が違うってホント!?

などについて見ていきます。

興味のある方は、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

 

 

ちらし寿司関東と関西の違い!

ちらし寿司,関東,関西,違い

 

一般的にちらし寿司と呼ばれている料理は、実は関東と関西で違いがあるようです。

ここでは、関東と関西のちらし寿司がどのように違うのかを見ていきましょう。

 

関東

関東でお寿司屋さんに行ってちらし寿司を注文すると、酢飯に海鮮が乗っているちらし寿司が出てきます。

文字通り寿司ネタの具材を「散らして」盛り付けた、握ってない寿司というところでしょうか。

 

関西

同じように関西でちらし寿司を注文すると、鯖や鰻にレンコンや絹さやがご飯と混ぜ合わさっていて、上に錦糸卵がかけられているものが出てきます。

 

関東は酢飯の上に具材、関西は混ぜ込まれているということですね♪

関東・関西のちらし寿司の違いの他に、使う食材や呼び名の違いはあるのでしょうか?

 

ちらし寿司は地域よって使う食材も味付けも違う?

ひな祭り

同じちらし寿司でも関東・関西で作り方に違いがあることが分かりました。

ここでは、地域によって様々な呼ばれ方をしているちらし寿司が名前だけ違うのか、それとも具材や作り方も違うのかなどを見ていきます。

 

ちらし寿司

ちらし寿司の基本形は、酢飯の上に握り寿司で使うネタを並べたもので、ネタのサイズは様々です。

酢飯の上に色々な具材を「散らす」ことからちらし寿司と呼ばれるようになったと言われています。

ちなみにちらし寿司の酢飯を、白いご飯に変えたものが海鮮丼です。

 

ばら寿司

ばら寿司は刻んだ具材をご飯に混ぜ込む西日本の郷土料理で発祥は岡山県といわれています。

江戸時代初期、当時の岡山藩主が庶民の贅沢を禁じ一汁三菜を命じたため、寿司の中にたくさん具材を入れてひとつの料理にし”一菜”にしてしまえぃ!と考案したことが始まりとか...

そんな起源であれば具材は基本的に自由であっていいのですが、現在は魚やエビなどの海産物や、椎茸・高野豆腐・卵などを使うことが多いですね。

ということで、具材をバラバラに混ぜるということからばら寿司と呼ばれるようになりました。

 

五目寿司

五目寿司は酢飯に、干し椎茸や干瓢などを醬油ベースで煮たものに、酢れんこん・たけのこ・人参・ちくわ・かまぼこ・甘く煮た油揚げなどを混ぜ込んだもの。

地域によっては、タコ・エビなどの海鮮や、果物を入れるところも!

 

自分がちらし寿司と呼んでいたものは実は他の呼び方だった!なんて人もいるかもしれません。

実際に、東京では具材を上に乗せるちらし寿司、具材を混ぜ込むタイプのばら寿司、どちらもちらし寿司と呼ぶ傾向があります。

もしお店で注文することがある場合は…

  • 新鮮な魚介が上に乗っているちらし寿司
  • ひな祭りなどのお祝いの席に振舞われるばら寿司タイプのちらし寿司

と覚えておくといいでしょう♪

ちらし寿司と思って食べていたものが、正確には”ばら寿司”だった...ということもありそうですね。

 

\寿司桶に盛って見た目よし♪/

 

ちらし寿司関東と関西の違いまとめ

ちらし寿司

一般的なちらし寿司でも関東・関西によって、名称や具材が違うことが分かりました。

大きなポイントは二つ。

  • 酢飯の上に具材が散りばめられていたら「ちらし寿司」(関東)
  • 酢飯と具材が混ざり合っていたら「ばら寿司」(関西)

ちらし寿司は酢飯に具材をのせるだけなので簡単ですし、きれいに盛れば彩りよくパーティーでも映えそう♪

逆に、ばら寿司は海産物以外の具材もまとめてたくさん食べられるので、見た目にぎやかで触感や味が楽しめそうです!

「ちらし寿司+ばら寿司」のミックス版だと最強ですね。

 

同じ「ちらし寿司」でも、関東と関西で呼び方や作り方、具材など様々な違いあることがわかりました。

ひな祭りやみんなが集まるホームパーティーで、ぜひお好みの方を作ってみてくださいね♪

 

-お役立ち

Copyright© Golrich channel , 2022 All Rights Reserved.