お役立ち

レンズ豆は体に悪いし食べ過ぎで太るって本当?毒性をチェック!

レンズ豆は体に悪いし食べ過ぎで太るって本当?毒性をチェック!

 

インド料理やイタリア料理などでよく使われるレンズ豆

日本ではまだあまりポピュラーではないですが、

最近では高い栄養価が評価されて注目されつつある食材です!

その栄養素はタンパク質カリウム食物繊維などかなり豊富!

ですがその一方で…

  • 食べすぎると太る
  • レンズ豆は体に悪い

という話もよく聞く食材でもあります。

栄養価が高いのに体に悪いの?

と驚いた人も多いと思いますので

この記事ではレンズ豆がなぜ体に悪いや太ると言われているのかを紹介します。

 

 

レンズ豆は体に悪いって本当?

 

レンズ豆は体に悪いし食べ過ぎで太るって本当?毒性をチェック!

栄養価が高く最近の健康ブームで注目を集めているレンズ豆。

ですが、体に悪いという噂もあります。

栄養価が高いのに体に悪いと言われるのは不思議ですよね!

そこで調べてみると、

  • 消化に悪い
  • 有毒な成分が含まれている

という体に悪そうな情報が出てきました。

一体どういうことなのでしょうか?

順番に見ていきましょう!

 

消化に悪い

 

レンズ豆が消化に悪いと言われている理由は何かというと…

食物繊維が豊富なためだと言われています。

食物繊維が多いと消化に良いように思いますが、

実は食物繊維は食べ過ぎると消化不良になるとされています。

ですからレンズ豆も食物繊維が多いので、食べ過ぎると消化不良になってしまうということになります。

何事も摂りすぎはよくないね

ですからレンズ豆自体が消化に悪いのではなく、食べ過ぎが良くないということなんですね!

 

有毒な成分が含まれている

 

次にレンズ豆には有毒な成分が含まれていると言われている理由についてです。

健康志向の方が好んで食べているイメージのあるレンズ豆に毒!?

と思って調べてみたところ

レンズ豆の毒性について

レンズ豆にはレクチンと呼ばれる糖タンパクが含まれています。

このレクチンを摂取すると吐き気や嘔吐、下痢などの症状が起きます。

ですがこの毒性は加熱することで無くなるので、生でなければ大丈夫です。

ということなので、毒性のある物質は含まれているようですね。

ですが、この成分充分加熱すれば毒性がなくなり安全に食べられるということもわかりました。

レンズ豆は加熱して食べることがほとんどなのでこれに関しては気にしなくてもよさそうですね!

他にも大豆などにもレクチンが含まれているので気をつけましょう。

 

レンズ豆は食べ過ぎると太る?

 

レンズ豆は体に悪いし食べ過ぎで太るって本当?毒性をチェック!

レンズ豆が体に悪いというのは誤解のようでしたね!

では続いては気になる太るという点についてです。

健康にいいからダイエットにいいのでは?

と、食事に取り入れたい方からすると太るというのは心配になります。

太ると言われている理由はカロリーが高いから。

ですが、調べると低カロリーとも出てくる!

なんで!?

困惑させられた方も多いと思うのでここでは

  • なぜカロリーが高いと言われるのか?
  • 実際はどうなの?

と言った点を紹介していきます!

 

カロリーが高いと言われているワケ

 

実はレンズ豆自体はカロリーが高めの食材!

なので食べ過ぎると太ってしまいます。

おまけに糖質も高めなので、摂りすぎには注意が必要です。

カロリー(100g) 352kcal
糖質(100g) 44g

表を見てもカロリーと糖質どちらも高いことがわかりますね。

ですがこれは乾燥状態の話!

茹でて柔らかくしたレンズ豆のカロリーは

カロリー(100g茹で) 170kcal
糖質(100g茹で) 19.7g

ですので、グンと低くなります。

糖質は少し高めの食材となっていますが、

レンズ豆は少量でお腹が膨れるので100g食べるのはかなり大変です!

ですからそこまで食べ過ぎに関しては気にしなくてもいいかもしれませんね。

実はレンズ豆は乾燥状態から調理して水分を含ませると、かなり量が増す食材です。

なので乾燥状態でカロリー計算をするとかなりカロリーが高く感じてしまうかもしれません。

ですが、水を含ませると同じ100g当たりでもカロリーの差が出ますので安心して食事に取り入れてください。

それでも食物繊維の過剰摂取による消化不良など問題もあるのでやっぱり食べ過ぎは禁物!

気をつけて取り入れたいですね。

 

実際は低カロリーで栄養価が高い食材

 

レンズ豆は少量でお腹がいっぱいになるので、少ない量で豊富な栄養が取れる優秀な食品のひとつ!

栄養素 効能
タンパク質 疲労回復や美肌・美髪効果があり、体を作る上で欠かせない栄養素です。代謝を上げる効果がありダイエットに効果的。体の機能を調節するホルモンや酵素の材料になり、不足すると抵抗力の低下につながります。
葉酸 貧血予防効果や皮膚状態の改善、タンパク質の生合成を促進する効果があります。妊娠中に摂取することで胎児の先天性異常の一つ神経管閉鎖障害のリスクを減らす効果が期待できます。
鉄分 貧血予防・うつ病予防や学習能力の低下を予防します。コラーゲンを作るために必要な栄養素のため、摂取することで美肌維持に役立つ栄養素です。
ビタミンB 多く含まれるビタミンB群はエネルギー代謝に関与するため、疲労回復効果が期待できます。その中でもビタミンB1はイライラや集中力低下を防ぐ効果が期待できます。
カリウム 摂りすぎた塩分を排出するのに役立つのでむくみを抑える効果が期待できます。外食が多いなど塩分を摂りすぎた際は積極的に摂取すると良いでしょう。
食物繊維 レンズ豆は水溶性・不溶性どちらの食物繊維も含まれており便秘防止に効果的です。さらに腸内善玉菌のエサになるなるので腸内環境を改善してくれる作用があります。

などさまざまな栄養素をレンズ豆は含んでいます。

一つの食材でこんなに栄養が摂取出来るなんて驚きですね!

ちなみに、レンズ豆の効能を簡単にまとめると

  • 疲労回復効果
  • 美肌・美髪などの美容効果
  • メンタルに関する不調の予防
  • 便秘改善
  • ダイエット効果

となりますので、これらに悩んでいたらレンズ豆を食べると改善できるかもしれません!

改善したい症状がある人は、積極的に摂取したいですね。

 

レンズ豆はダイエットに最適!

 

レンズ豆は体に悪いし食べ過ぎで太るって本当?毒性をチェック!

ここまでレンズ豆は低カロリーで栄養価が高いので、さまざまな効果があるとお伝えしましたが…

レンズ豆の効果はどれもダイエットに最適なんです!

なぜレンズ豆がダイエットに適した食材なのかというと、

レンズ豆がダイエットにいい理由

  • 食物繊維が豊富→便秘解消・代謝アップ
  • タンパク質が豊富→代謝アップ・ボディメイクに効果的

という点が大きくあります。

他にもダイエットに最適な理由として、

栄養価が高いので置き換えダイエットをしても栄養不足になりにくいという点があります。

ダイエットをする際、低カロリーな食品に置き換えてカロリー調整をすることもあると思いますが

その際心配なのは栄養不足かと思います。

レンズ豆はその点栄養価が高いので、カロリーも抑えられて栄養も摂取出来るので栄養不足になりずらいんです!

なので、ダイエットに適した食材と言えるんですね。

今からダイエットを考えている人はぜひレンズ豆を取り入れてみてください!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はレンズ豆が太る、体に悪いと言われている理由を紹介しました。

実際は栄養価が高く、少ない量でお腹が膨れて太るどころかダイエットに最適な食材でしたね!

ですがカロリーが低い食材ではないので、食べ過ぎ注意ということがわかりました。

体に悪いというのも、加熱すれば無くなる成分のことでしたので問題はなさそうで安心です。

むしろ栄養価が高く体にいい食材なので、これからダイエットを考えている人はぜひレンズ豆を取り入れてみてください!

ただし食べ過ぎると消化不良やカロリーオーバーになるので注意してくださいね!

-お役立ち

Copyright© Golrich channel , 2022 All Rights Reserved.