お役立ち

豆乳は分離しても食べられる場合とNGな場合が!原因や戻す方法はあるの?

豆乳分離

 

栄養たっぷりの豆乳は、お店の乳製品コーナーにずらりと並んでいます。

みなさんは豆乳を買ってきて分離してしまってがっかりした経験はありませんか?

とくに料理に使用したら分離してしまった。

または、そのまま保存していたら分離してしまった。

食べられるのかしら?

 

そんな時、豆乳の分離を戻す方法があったらうれしくありませんか?

そもそも、なぜ分離してしまうのでしょう?

その原因と豆乳の分離を戻す方法があるのか調べてみました。

 

 

豆乳は分離しても食べられる?分離の原因はなに?

豆乳の種類には成分無調整豆乳と調整豆乳があって、成分無調整豆乳は簡単にいうと大豆をしぼった汁なんですよ。

そのため未開封、賞味期限内なのに持ち運びではげしく揺らした衝撃で、豆乳の中の成分がかたよって分離してしまう場合があるんです。

そのような場合でも飲むことは可能です。

その点、加工された調整豆乳は分離しにくいといえますね。

 

過熱や酸による分離

豆乳に多く含まれいるたんぱく質は60℃以上の熱を加えることによって、固まったり分離してしまいます。

このたんぱく質、お酢やレモンなど酸を加えても分離してしまいます。

もちろん、腐ったわけではないので食べられますし、栄養もとれます。

でもやっぱり残念な気持ちになりますよね。

ちなみに、腐って分離してしまった豆乳は過熱しても食べられません。

それにマズイのですぐに処分しましょう。

 

冷蔵保存中に分離

開封後、冷蔵庫に入れておいても分離してしまったことはありませんか?

原因は、パックの注ぎ口を不衛生にあつかって菌が入ってしまったのかもしれないので、飲むのはやめましょう。

開封後の豆乳は、腐敗が早くて分離しやすいです。

メーカーの推奨は冷蔵保存でも3~4日以内に飲み切ってしまうようおすすめされています。

とはいっても1,000mlサイズだと3~4日以内に飲みきれなくて余りがちですよね。

豆乳は開封後何日もつ?1週間くらいならいけるのか試してみました!

 

常温、冷蔵保存ともに未開封でもなんらかの原因で菌が入ってしまうと分離したり、においや味がおかしくなります。

そんな時は賞味期限内でも飲んではいけませんよ。

 

豆乳を分離させないコツ!

 

豆乳鍋の場合

今、豆乳鍋用のスープがお店にズラリと並んでいます。

これからの寒い季節にはピッタリですね。

でも、わたしを含めみなさんも手作りの豆乳鍋を作ろうとして、分離させてしまった経験があると思います。

では、分離させないためにはどんな方法があるでしょう?

・加工されている調整豆乳を使用すると無調整豆乳より分離しにくい。

・豆乳を入れた後は、ふっとうさせないように火加減に注意する(調整豆乳でも分離します)

・具材をだし汁だけで煮ている時、だし汁、豆乳400mlに対して小さじ2のベーキングパウダーを加える。

または、だし汁500ml、豆乳300mlにたいして小さじ4分に1の重曹を加える。

上記の3点に注意して作ってみましょう。

 

豆乳コーヒーの場合

豆乳鍋と同様、今流行りの豆乳コーヒー。

スタバなどのカフェではソイラテとして、とくに女性に人気ですね。

コーヒーにミルクの代わりに豆乳を入れたものです。

作り方はかんたんですからコストを考えれば、おうちで作るほうが経済的ですね。

でもやっぱり分離してしまってまずくなったりしませんか?

原因は無調整豆乳を使用したからでしょう。

無調整豆乳は熱を加えるとたんぱく質の成分のせいで分離してしまいます。

糖分がふくまれている調整豆乳だったらコーヒーに混ざりやすく、分離しません。

そしてほど良く甘くておいしくいただけますよ。

さらに、コーヒーの酸味の強さによってはたんぱく質が分離してしまうので、酸味の少ないコーヒーを選びましょう。

ちなみに、熱を加えなければ分離せず、夏にはおいしいアイスのソイラテが楽しめますね♪

 

分離した豆乳を戻す方法はある?

残念ながら、分離した豆乳を戻すことはできません...

やはり、分離させないようにすることがベスト。

前章で記載したように、分離させないためには調整豆乳を使用する。

ベーキングパウダー、重曹(食用)を加える。

沸騰させないようにするなどが代表的な方法ですね。

それでも捨ててしまうのはもったいないと思いませんか?

だったら違う料理に変身させてしまいましょう。

分離するといっても豆腐ですから味はグッドです。

たとえばご飯、チーズ、黒コショウをプラスしてリゾット風にしてみたらいかがですか?

チーズと豆乳ってとても相性が良いんですよ。ためしてみて下さいね!

 

まとめ

豆乳が苦手でも料理すればおいしく食べられるという人はたくさんいると思います。

でも、せっかく作っても分離してしまったらとても残念。

原因はわたしたちの体に不可欠な栄養素のたんぱく質だったんですね。

分離を戻す方法は難しいですが、分離しにくい方法を利用して根気よく挑戦してみましょう!

-お役立ち

Copyright© Golrich channel , 2021 All Rights Reserved.